Chapter.10 心の旅へ

ルカはバレスと共にロザリアの部屋へやってきた。ロザリアは依然として眠り続けている。

「……おい。何やってんだ?魔法使い。」

ルカは床にべっとりと這いつくばっている。

「見て判りませんか?魔法陣書いてるんです。」
ルカは見向きもせずに答える。

「魔法陣?そんな魔法のかけ方もあるのか。」

「えぇ。私は専門じゃないですけど。私、旅の魔法って使ったことないですし、ましてヒトにかけたこともないので、こっちの方が安全かと。」

ルカはチョークを走らせ続ける。

「使ったことがない!?それって大丈夫なのかよ!?しかも専門じゃないヤツでやるのか!?」
バレスは慌てた。が、ルカはアバウトだった。

「大丈夫ですよ、たぶん。」
ルカは言いながら立ち上がる。

「たぶんって、おい!」

「うん。こんな感じだった。」
ルカは一人、書き上げた魔法陣を眺めて言った。バレスは無視した。

「さぁ。始めよう。」

< 46 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気コミックが
盛りだくさん!