私は少し顔を上げた。
やっぱり土崎でも目線は合わせられなかったけど。
「私、する。ここで療養と治療してもらう。」
そう言うと土崎は目を細めて去ってった。
「そっか、おやすみ。」
背中越しに手を振って病室の扉を開く。

「…おやすみ、キラさん。」
私はその背中を見つめてそう小さく呟いて、深い眠りについた。

< 25 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気!リズムゲーム
太鼓を叩くドン♪