Z心と体


それは私の心を乱すのに最適の情報だった。

シャンプーが終わり、髪を乾かされているとふとその人が告げた。
「歌織ちゃん白髪が多いね。ストレス?」


もうやめて…。
美和子もうやめてよ…。
私を蝕むのはもう終わりにして!!



私の記憶はそこで途切れた。

< 20 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気!リズムゲーム
太鼓を叩くドン♪