マンホールから出て、家へ向かう途中、俺はさっきから気になっていた事で、恵に聞いてみた。
「なぁ。さっきの機械って携帯みたいなモノ?」
彼は、少し戸惑った様な顔をして、
「浩志君の言う携帯と言う物がどんな物なのかは分からないけど、これは、ポケット・マンって言うんだ。これに住所番号を入力すると、相手の顔がでて、顔をみながら話せるんだ。他にも個人使用では特別な暗証番号があって、それを入力すればかけられるんだ。僕も、良く分からないんだけどね。」
と、最後には、照れくさそうな顔で恵は言った。
恵の話で、俺は、ポケット・マンは俺達で言う、テレビ電話の携帯版見たいな物で、住所には番号がふってあり、それと暗証番号は、電話番号としても機能しているんだろうな。と考えた。
しかし、自分の事を君付けで呼ばれる事には、違和感を感じたため、恵には呼び捨てで構わないと言っておいた。

< 10 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気!リズムゲーム
太鼓を叩くドン♪