二人が特別棟五階の図書室に着いたとき、葵の姿はなかった。

「あれぇ?どこ行っちゃったんだろぉ?」
羽衣がそう言った時、悲鳴が聞こえた。葵の声だ。

「!?」
明彦が声が聞こえた方向へ走っていく。羽衣も付いていった。

行き着いた先は…

「やだぁ。羽衣入れなぁい」
羽衣が不満そうに言う。

そこは
…男子トイレだった。


「葵!どうしたの!?」
明彦は躊躇うことなく飛び込んだ。
中では…
葵が四つん這いになって打ちひしがれていた…。

「えっと…葵どうしたの?…て言うか、取り敢えず立ちなよ…汚いから…」
明彦がやや引き気味で言った。

が、葵は聞こえてないのか、そのままで呟く。

「…一生の不覚…くそっ…やっぱやめとくべきだった…っ」


葵がこんな状態になっているワケは、ほんの五分前に遡る…。


< 20 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

過激なHコミックの
無料サンプルたっくさん