その日の放課後。

生徒会室前の意見箱から下剋上の内容を記した紙が見つかった。

『下剋上の内容を。
各自別々のものをやっていただきます。

水上悠紀様:鬼ごっこ
加賀葵様:宝探し
一ノ瀬羽衣様:暗号解読
仙道秋彦様:持久走

詳細は後ほど…』


「また“後ほど…”かよ!」
葵がバンッとテーブルを叩いた。

「名前も書いてありませんね…」
悠紀が呟いた。

「てぃうかぁ、なぁにぃ?この内容ぉ」
羽衣が紙をつまみ上げて言う。

「小学生の遊びみたぁい」

「確かに下剋上にしちゃ、体力勝負な感じだな。仕掛人は体育会系の人間か?」
葵が考えながら言う。

「でもぉ楽しんでるって言うかぁ、こっちを振り回してる感があるからぁ羽衣のイメージでは頭良い理系〜」

「私は犯罪モノの小説が好きな文系の方って気がします…」
と、悠紀。

「誰でも良いけど…皆はゲームっぽいやつなのに、なんで僕だけ持久走なの…」秋彦はため息をついた。


< 10 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気コミックが
盛りだくさん!