仕事の時間に押されて急いでいたら、風に煽られ書類が道に飛び散ってしまったことがあった。

そのとき拾ってくれたのが森田くんだった。

…なんて、森田くんの指にある変わったデザインの指輪を見て、さっき思い出したんだけど。


「今度またパーティーするんですけど忙しいですか?」

「あぁ、真から連絡きてたけど…ちょっと分からないな」

「…あ」


森田くんは何か思い出したようにつばの悪そうな顔をした。

「あの…真から聞きました。すいませんでした。すっかり彼女だと思ってて…」

「そんなことっ…」

「真の奴、前から利砂子さんのこと気になってたみたいで…どうにかして接点がほしかったらしいんです。本当すいませんでした!」

「謝らないで。私も森田くん達と仲良くなれてよかったと思ってるの」

真はみんなに話したんだ…ということは、真の彼女だったという記憶は消されてしまったんだ…。

それを寂しく思うのは勝手すぎるって分かってるんだけど…寂しい。

自分の変なプライドを捨てきれず逃げたのは私…。自分の身勝手さに嫌気がさしてくる。


< 95 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

最新曲や人気曲も
着うたフルはココでDL