手にお酒を持って戻って来た真が私の隣に腰をおろした。それと同時に香水の匂いがして、少し鼓動が波打った。何故かは分からない…。

「真はどうなの?」

「何が?」

「女のタイプ」

「せやなー美人さんっ!ボン、キュッ、ボン?!」

またケラケラと楽しそうに笑う。そういえばお酒強くないんだっけ…もう酔ってるのかも。

「優しい人好き。優しさがある人はあったかいやん」

急に真面目な顔をして言うからまた鼓動が波打った。真はときどき違う顔をする。

< 30 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気!リズムゲーム
太鼓を叩くドン♪