『080ーxxxxーxxxx。………@docomo.ne.jp』

携帯番号らしき数字とメールアドレス。そして紙の端っこに…

『よかったらメールください!また、わがままに付き合ってもらったお礼がしたいんで』

いつの間に紙を挟んだのだろう…?でも間違いなく今、私の顔には笑みが浮かんでいる。
これで終わりじゃないんだって思うと少し嬉しかったから。


それから、よく連絡を取るようになった。真は相変わらずコンビニに来て、おにぎりとサラダを買って行った。

< 25 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気!リズムゲーム
太鼓を叩くドン♪