「…あれッ?!……えぇ?」

いきなり起きあがった真。どうやら目が覚めたようだ。おそらく昨日のことを覚えていないのだろう、かなり驚いている。

「おはよう」

「あ…りさこさん、おはようー」

「昨日あんた潰れちゃって、ここ私の部屋」

「ええ!あ、すいません!!」

そう言うと突然頭を抱えてうずくまった。

「だぁ〜!頭痛い!!」

二日酔いの薬をテーブルに置く。あの人は二日酔いなんかする人じゃなかった。いつも私ばっかり次の日苦しんでた。高級な度のきついお酒ばっかり飲まされるから。

< 20 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

最新曲や人気曲も
着うたフルはココでDL