飛び交う罵声。

皆が話す一言一言が悪口に聞こえる。
たとえそれが私の事でなくても…。
これじゃほんとにただの"被害妄想"、"自意識過剰"じゃん。


『顔だけよければいいのかよ』
『性格ぶす』

その性格ぶすはクラスに居場所を完全に失った。

私が嫌われてるのが公になる頃、北里は自分が嫌われるのが恐くて私を振った。
ほんとバカだよ…私。

北里が言うだけ言って去っていく後ろ姿を見つめながら、次々と溢れ出す涙を私は制服の袖で拭いた。

あの頃流した涙を私は一生忘れないよ。

< 10 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気コミックが
盛りだくさん!