だけど、そんな気持ちを顔には出せない。
「バラそっかな〜」
なんてふざけてみせる。
いつも通りの声になってるといいんだけど…。

「じゃぁ…私、そろそろ帰るね!」
私はそぅ言って沙紀たちに手を振った。
沙紀はいつものよぅに、
「バイバイ、雪奈〜」
そして、西崎くんも手を振っていた。
あの時と同じ、可愛い笑顔だった。

あぁ…私…。
悔しいくらいドキドキしてる。
好きな人がいると知っても…。

< 16 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気コミックが
盛りだくさん!