『三日月が好き』

いつかの真の言葉。
三日月が背中を押してくれてる気がした。



「あ、そうそう!パーティーの日仕事入っちゃった」

「えーまじで?!」

「ごめんね」

「…………」

「どうしたの?」

「……来ずらいとか?」



珍しく真は下を向きながら真面目な声でそう言った。

そんな真を見て「あいつ最近、空元気ばかりで…」と森田の言葉を思い出した。

やはり、傷つけてしまったのだと胸が痛んだ。


「他の子らが会いたがってて…俺のことは気にせんくていいから」

「違うのっ!」

「…?」

「仕事が入ったのは本当だから!真のこと気にしてるとかじゃなくて…」


いくつになっても人は、その人を前にすると思ってることをうまく言葉にできない。


< 105 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気コミックが
盛りだくさん!