鼓動は高鳴る。
だけど私の中でブレーキがかかる。


「彼女のふりしてほしいなんて頼んだのも、りさこさんやったから」

「…そう」

「ずっといいなって思ってた」

「…そう」

「確かに年下やけど」
「もういいから!」


手のひらを向ける私の遮りに真は言葉をのみ込んだ。

一息吐いて………大きく吸う。


「もう、仕事だから。それが答え」


かざしていた手をすっと下げ、ヒールの音を鳴らしながら立ち去る。

振り返ることなく…。

< 75 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

過激なHコミックの
無料サンプルたっくさん