『年下ボーイ』


セレブな大人の付き合いに憧れてた。高級なレストランで食事、プレゼントはブランド物、どこへ行くのも車。

それで私は満たされてた。もう一般庶民ぢゃないって…。
そして、あのオフィスを書類を片手にヒールで歩いているのが私のプライドだったの。

< 1 >

[1]次へ

[0]目次

Tag!小説


トホーム

最新曲や人気曲も
着うたフルはココでDL