私は頭を傾げながらキーボードに向かう。
『私は高1で今、通信でベンキョしてる♪』
別に隠すことでもないからそう書いた。
ごまかす必要はない。こいつの人生に私は関わりないんだし。
『そっか。だから今書き込んでるんだね☆俺は今から会社だから落ちるね。また来るよ、波音ちゃん♪』

…意味不明。

変わった客だった。
あんた誰だよ…キラさん。

< 13 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

最新曲や人気曲も
着うたフルはココでDL