その時……。
人が来る気配がした。
誰だろぅ?
親ではなさそぅだ。
足音が私の部屋に近づいてくる。
まさか……。
「出てけ!!」
私は部屋のドアを開けた人物に向かって、思いっきり本と枕を投げつけた。

「……っ…!」
怯んだ!
私は今のうちに逃げようと窓に手をかけた。
…すると。

「待て!早まるな!これからの人生を大切にしろ!」
そぅ言ってその不審な男は飛び降りようとする私を引き止めた。

は…?
何かコイツ…
変な勘違いしてる??

< 10 >

[1]次へ
[2]戻る

[0]目次

Tag!小説


トホーム

大人気!リズムゲーム
太鼓を叩くドン♪